サイエンスコミュニケーション

【リサイクル】は本当に大切なのか

画像引用元:ハイムーン工房さん

みなさんこんにちは!

つぼです!(●´ω`●)ノ

 

このタイトルを見て

どういうこと?

と思った人もいるのではないでしょうか?

 

リサイクルってすごい大事じゃないの?

 

そうなんです

もっと大事なものがあります

 

今日のポイント

リサイクルの優先順位は実はかなり低い

最も大事なのはリデュース(Reduce)

私たちができることってなんだろう

 

こんな感じで話していけたらな、と思います

 

リサイクルの優先順位は実はかなり低い

 

まずは、廃棄物の管理や処理を考える際における優先順位がこちらになります

 

1.リデュース

2.リユース

3.(物の)リサイクル

4.(エネルギーの)リサイクル

5.処分

 

こう見るとリサイクルの順位は3番目と4番目に位置しています

5番目が焼却や、埋め立てなどの処分であることを考えるとかなり優先順位としては低いといえると思います。

 

 

では、なぜこんなにも低いのでしょうか?

 

それはリサイクルを頑張ったとしても、環境への負荷が減りにくいからです

 

どういうことでしょう

 

大量生産・大量消費・大量廃棄

今私たちが生きる社会(特に新型コロナウイルスが流行する以前の社会)は

大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会です。

 

飲食系のバイトをしたことがある人はたくさん注文したのに、ご飯をすごい残すお客さんを見て、悲しい気持ちになった人は多いのではないでしょうか?

僕はカラオケでバイトをしていたので、部屋の片づけをした時などにたくさん残ったご飯を見て、とても悲しいような虚しいような気持ちになっていました。

 

この社会の構造は飲食だけでなく他の分野にも言えることです。

 

ペットボトルの例を見てみましょう

下の図を見てください

PETボトルリサイクル推進協議会さんより引用)

 

また、少し前のペットボトル回収率はこちらになります

環境市民さんから引用

(こちらのグラフは回収率なのでリサイクル率はもう少し低いかもしれません。)

 

こうみるとリサイクル率が25年で約85%も上がっていてとても環境に良い印象を受けるかもしれません。

しかし、廃棄物の総量、つまりリサイクルされないで捨てられるペットボトルの量はどうなっているのでしょうか。

 

1993年が10万トンのペットボトルが廃棄されていたとしましょう。

 

では、2018年はどうなのでしょうか。

 

2018年は約9万6500トンのペットボトルが廃棄されています。

 

あれ?

廃棄物の量はほとんど変わっていませんね。

 

 

なぜなのか

 

それはペットボトルの生産量が増加しているためです。

 

これでは、たとえリサイクル率が増加したとしても

環境への負荷は大して変わりません

 

大量に生産すると地球の資源を使いつくしてしまうことになりますし、

大量に廃棄すると廃棄場所や処理地点において環境への負荷が大きくなってしまいます。

 

 

つまり、今のままの社会では必ずシステムが破綻する日が来るということになります

 

では、どうしたらよいのでしょう

 

ここで出てくるのが循環型社会という考え方です。

 

循環型社会

循環型社会とは

物質の社会の中での循環を目指した社会で、今までの大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会に代わるものとして考えられているものです。

環境省資料より引用

これを見ると分かるかもしれませんが

環境への負荷が小さい循環型社会においてまず大事なのは

リデュース(廃棄物の発生抑制)

なんです

 

そして、2番目に大事なのが

リユース(再使用)

 

そして、3番目、4番目が

リサイクル(再生利用、熱回収)

 

になるのです

 

つまり、先ほどのペットボトルの例でいうのならば

 

生産するペットボトルの量や

私たちが使うペットボトルの量

を減らしていく必要があるでしょう

 

このようにリサイクル以前のリデュースやリユースを意識することで使う資源や最終処分に行く廃棄物量を減らし、環境への負荷を小さくすることができます

 

 

 

私たちにできることは?

 

私たちが循環型社会を生み出すために出来ることは何があるでしょうか

 

まず、一番最初にあげた食料品の場合だと

 

大量にお店で頼みすぎてご飯を残したり

スーパーでたくさん買いすぎて家の冷蔵庫で眠ってしまう食品を減らす

 

などがあるのかな、と思いました。

 

リユースならば、経済的な困窮者に余った食料品を提供する

のようなシステムも一つの方法なのかな、と思います。

参考にどうぞ

SECOND HARVEST(日本でフードバンクを行っている組織です)

 

ペットボトルならリデュースとしてマイボトルなどを持って歩くのがいいと思います

・必要のないものは買わない

・再利用してくれそうな場所(中古品ショップ)に出してみる

・残りはリサイクルできるように分類

 

それぞれのものについて、それぞれの立場において

リデュースやリユースをどうしたら取り込んでいけるのか考えていくことが

持続可能な社会を未来に築いていくために重要なのだと思います

 

 

みなさんはどんな取り組みをしていきますか?

 

 

これは僕が昨日受けた授業をもとに考えたことを調べてまとめました。

(授業をしていた先生の研究室のHP

みなさんも未来のために自分のできることを考えていってくれたらと思います。

それでは、また会いましょう(●´ω`●)ノ

ブログランキング参加中です♪励みになるのでお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ